うぇるかむ第74号 平成28年(2016年)6月15日発行
8/8

8復興ボランティア支援センターやまがたTwitterhttp://www.facebook.com/fvsc.yamagata次号は7月20日発行です!http://tsunagarou.net/ 「うぇるかむ」に掲載された今までの記事のすべてと、リアルタイムなおすすめ情報、イベント情報、支援団体情報などを掲載しています。ぜひご覧ください。しあわせココロのつくりかた(46)    カウンセラー・スピリチュアルケアアドバイザー 志 村 友 理みなさまからの情報をお寄せください!詳しくは復興ボランティア支援センターやまがたへ* この時期の紫外線は以外にも強く、外出先で日焼けをしてしまいました。夕方には真っ赤な肌がヒリヒリ(涙)油断大敵!(正)* 草花の色鮮やかな季節になりました♪みんなの☆笑顔☆を見ながら外で食べる『おにぎり』最高ですねっ!!(きょっぺ)* そばがおいしい季節ですね。お店もいいけど自分でゆでた麺がうまい。薬味はミョウガ、おろしワサビ。てんぷらと冷えたトマトがあれば言うことなし。(結)* 金山町レポートに行きました。とにかく町がきれいで、金山杉の体験住宅や家具は杉の香りがとっても癒されます!おすすめですよ〜(多田)* オールカラー!! 初めてです。(海)レシピ提供:在来作物案内人 鈴木淳子さん<材料>もち米  450g笹の葉  30枚イグサ  30本きな粉  80g砂糖   80g塩    少々<作り方>①餅米は洗って1晩水につけ、ザルに上げて水を切っ ておく。②笹の葉は洗って、更にまた熱湯にくぐしておく。③笹の葉1枚を三角の筒状にして、大さじ1強を目 安にもち米を入れ包み込むようにして、イグサで 結ぶ。④③を5個ずつ束ね、鍋にたっぷりの水から茹でて 2時間茹でる。ゆであがったら冷ます。⑤きな粉、砂糖、塩を混ぜて笹巻きにつけて食べる。笹 巻 き笹の葉の香りがもち米になじんで 風味豊かな初夏の味です☆ブログ「鈴木淳子の楽しむ食育」もご覧ください♪  http://ameblo.jp/hanamizuki-junko/ 情報に振り回されると、何を信じていいのかわからなくなり、必要な答えを見つけ出すことが難しくなります。また、感情に呑まれると、正しい判断が出来なくなり、情報の精査がさらに難しくなります。情報過多の世の中に於いては、自分自身の感覚を磨き、正しいと思うものを掴み取る力を養うことが大切です。 一日のうち5分だけでも、自然を感じる時間を作り、感性を磨いて、心身を緩めてみましょう。感性が豊かになっている時は、内なる自分と対話をすることで、求めている答えが観えてくる時もあります。 幸せは、他者から与えてもらうものではなく、自分自身の心と行動によって作り出していくもの。今と未来を幸せに生きるための答えは、あなた自身の中に宿っているはずです。 カウンセリング・ルーム メール相談    ryokusuinomori@yahoo.co.jp掲載情報の提供や寄稿は、7月6日までにお寄せ下さい。お待ちしていまーす!

元のページ 

page 8

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です