うぇるかむ第74号 平成28年(2016年)6月15日発行
3/8

3うぇるかむ 第74号 平成28年(2016年)6月15日発行 以前の家は夫婦二人暮らしで、オール電化など、リフォームしたばかりでした。震災で津波は逃れましたが、家屋に損害もありました。震災後の生活も大変だったし、老後の心配もあり、頼りになるのは一人娘でした。娘は山形市に住んでおり、こちらに来ないかと話があり、震災の年の夏に思い切って移住を決めました。娘には家族があるので、同じ市内に一軒家を購入しました。近くに娘や孫がいて、いつでも会えるのでとても安心です。 Q 今の場所に決めた理由は? A石巻市から山形市に定住した70代女性のCさん 山形へは娘家族への訪問や、観光などで来たことはありましたが、住むとなると地理的なことは何もわからず、まずは娘に相談しました。家の購入に関しては主人が不動産屋に相談して決めました。以前の家は売却しました。 Q どんな方に相談しましたか? A 雪が多いのが大変ですね。特に除雪車が玄関口に残す雪のかたまりには困りました。隣近所はだいぶ知り合いもできました。町内会費は若干高いと感じています。ごみ置き場も少し遠いです。物価は高く感じます。 以前は町の中心部に住んでいましたが、今は郊外なので、車がないと移動が困難。良かった点は、とにかく人が親切です。知らない人でも荷物の上げ下ろしを手伝ってもらったり、山形の人はみんな温かいですね。食べ物は果物が豊富でおいしいです。 Q 住んでみた感想はいかがですか? A3■避難者定住サポート窓口(復興ボランティア支援センターやまがた内)山形市松山3丁目14-69 FM山形ビル1FTEL:023-625-1201 FAX:023-674-7312開設時間:9:00~17:00(土日祝日休み)■山形市避難者交流支援センター山形市落合町1番地山形市総合スポーツセンター3FTEL:023-625-2185 FAX:023-625-2191開設時間:9:30~17:00(月休み)   ※月曜日祝日の場合は翌日休み■米沢市避難者支援センターおいで米沢市金池3丁目1-14 置賜総合文化センター2FTEL:0238-26-8003  FAX: 0238-26-8032開設時間:9:00~17:15(土日祝日休み)市町村の移住支援策、住まいに関する支援制度、仕事や子育て支援などについて、情報の提供や適切な相談先のお取次ぎをいたします。定住の相談窓口

元のページ 

page 3

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です