しあわせココロのつくりかた(47)


「ため息をつくと幸せが逃げていくよ。」と、
言われたことはありませんか?よく聞く言い回しですが、実は、ため息をつくと、筋肉が緩んでストレスが発散され、精神的に良い影響を与えることがわかっています。
意識せずとも出てしまうため息は、心身の中に溜まった疲れを取り除くため、自分の体が本能的に行っていたものなのでしょう。
昔より、心が弱くなったと言われる時代。
複雑化し、様々なストレスが蔓延する社会に於いて、子どもの頃から精神を鍛えるような教育がなされない現代日本では、心が疲弊してしまうことは仕方がないことです。
迷信や習わしにとらわれ過ぎず、自分の心と体が緩み、笑顔になれる生き方を見つけていきましょう。笑うと免疫力も上がるのです。
楽しい時間、嬉しい時間を自分に与えてあげましょう。


ウンセラー・スピリチュアルケアアドバイザー 志 村 友 理
ウンセリング・ルーム メール相談:ryokusuinomori@yahoo.co.jp  
 
前
みんなの声
カテゴリートップ
第75号(2016年7月)
次
Special Interview:南陽市 画家 小林 親寛さん