編集部より
*避難当時、辛くて苦しくて目に涙をためていた彼女が、3年経ち、いまは凛とした表情で、自分の生活を作っています。そんな姿に、私も元気をもらっています。(多)

*「6月になり新規の津波浸水宅の屋内掃除、土砂出しボランティア依頼」があり驚きまし た。(くまもん)

*みなさまに支えられ、今回で50号!これからもよろしくお願いします。(サチ)

* アクセル踏みっぱなしで暴走しないように、たまにN、時々Pにしようと心がけ中。心も体安全運転で~(海)
前
団体紹介:子ども支援ボランティア「チーム飛躍」
カテゴリートップ
第50号(2014年6月)