From山形:親子で思い切り遊ぼう
From山形:親子で思い切り遊ぼう
 
親子で思い切り遊ぼう
 
 2月3日、NPO法人オンザロードのコーディネートにより、大玉村、福島市、郡山市、二本松市など数ヶ所から約20人の親子が米沢を訪れました。
 午前中は野外施設「ソドデアソビダイベシタ」で思い切り雪遊び! お昼の後は「屋内アクティブスペース・アクションパーク米沢」でスケートボードやボルダリング、BMXを教えてもらいながら、大人も子どもも一緒に思い切り楽しみました。
 参加者の保護者の方は、「原発事故後、福島には砂場などが設置されている幼児向け屋内施設は増えましたが、小学生が思い切り遊べる場所はまだまだ少ないんです。今日は朝から思い切り走り回って遊べて、子どもがこんなにはしゃいでるのは久しぶりです。」と話されていました。初めてスケートボードに挑戦した子どもからは「またやりたい、スケートボード買ってね!」とおねだりも始まるほど。NPO法人オンザロードでは福島にも屋内アクティブスペースを作るための寄付を集めています。(Y)
■寄付のご案内
 
 
親子で思い切り遊ぼう
前
コラム:しあわせココロのつくりかた (7)
カテゴリートップ
第34号(2013年2月)
次
From山形:「支援者・避難者もちつき交流会」開催