コラム:しあわせココロのつくりかた 3
コラム:しあわせココロのつくりかた 3
 
同じ言葉を使っていても、人によって受けとめ方や感じ方は違うもの。もしかしたら、自分が伝えたい内容とは、違う捉えられ方をされる場合もあるということですよね。そんな誤解は生まない方が得策。
 自分の思いを聞いてほしいなら、相手にわかるように伝えることが大事です。相手が納得していないようなら、使う単語や言葉を変えてみるのも手。
 また、聞く時の態度は何よりも大事です。自分の観念や先入観で話を聞かず、「この人は何を伝え
たいのかな?」と、相手の心に添って聴くことです。それは、小さなお子さんに対しても同じこと。
「自分だったらどう思うかな?」と自身に置き換えてみて。
 
カウンセラー・スピリチュアルケアアドバイザー 志村友理
前
From宮城:寄稿 石巻のイベント便り
カテゴリートップ
第30号(2012年12月)
次
From山形:ひなんオヤジの集いin鶴岡