しあわせココロのつくりかた(94)
二日酔いの日は思うように事が運ばず、時間の無駄遣いをしているよう。
感情の二日酔いも同じく、心の痛みや怒りにばかり気が向いていると、幸せに過ごせる時間を置き去りにしていることに。
『怒りや悲しみが続くのは、深く傷つけられたせい。だから、長引いたって仕方ない』
でも、いつまでもそこに居続けることは、自分にとって良いことに繋がっているかしら?ひざ小僧のケガに絆創膏をつけるように、心のケガも早めに手当をしてあげましょう。一番の回復法は、自分の心が感動することを、なるべく多く体験させてあげること。煌めく感性を甦らせてあげることこそが、心の奥に輝く光を呼び覚ますきっかけになるのです。
それでも、どうにも怒りがおさまらない時には、思いっきり紙を破くとか、要らないお皿を割ってもOK!ただ、怪我には十分注意して。
やった後には、自責の念に苛まされず「ありがとう?ごめんね」で切り替えてね。


カウンセラー・スピリチュアルケアアドバイザー 志 村 友 理
前
コラム [寄稿]第3回おうちで簡単!心と身体のストレッチ
カテゴリートップ
第122号(2020年7月)
次
あれから9年 東日本大震災を語る(第5回) あれから9年 東日本大震災を語る(第5回) 「きびたき長井甦るの会」の絆