From山形 初夏の味覚さくらんぼ

 「果物王国やまがた」で、全国一位の生産量を誇るさくらんぼを、朝日町で作っている浅野農園さんを訪れました。訪問した6月24日(木)はあいにくの曇り空でしたが、ビニールハウスの中には、収穫目前のルビー色の大粒さくらんぼが、まぶしいほど光っていました。さくらんぼが「果樹園の宝石」といわれる理由も納得できました。一粒いただくと甘酸っぱい果汁が口いっぱいに広がりました。

 浅野さんは、震災後福島県浪江町から白鷹町に避難し、その後就農制度を利用して研修生として学び、独立後は朝日町で果樹栽培を営んでいます。現在は、さくらんぼの他に、りんご、ラフランスを出荷しています。さくらんぼを始めて4年目になりますが、当初は親しいお客さまにだけ届けていましたが、現在では出荷量が追い付かないほど皆さんから味わってもらっています。7月のナポレオンの出荷を終えると、8月にはりんごの収穫と出荷が始まり、12月まで作業が続きます。現在は10種類のリンゴを作っています。今年からベトナムに輸出することになり、海外の方にも朝日町の美味しいりんごをお届けできる事になりました。

 浅野さんは「農園があるこの地にオープンテラスを開店し、加工品の販売・食事の提供・広大な景色や澄んだ空気を体感していただける場を作っていきたい。」と今後の想いを話しました。
 浅野さんの日々の惜しまぬ努力で、山形のおいしい「果物」が育っていると感じました。

【お問合せ】
浅野農園
TEL:090-5232-7203

 
前
第122号 PDFカラー版ダウンロード
カテゴリートップ
第122号(2020年7月)
次
From宮城 名 取 市 震 災 復 興 伝 承 館