しあわせココロのつくりかた(83)
 暑い日々が続くと、体力を消耗し、イライラも募りやすくなりますね。こんな時は心の余裕もなくなりがち。そんな時ほど、意識して、目の前にあるキラキラに目を向けてみましょう。空を見上げれば、もくもくの白い雲。夕暮れ時には、美しい夕焼けがドラマティックな物語を描いています。時が移りゆく時間になると、ひぐらしの美しい音色が一面に響き渡り、神秘的な空間をつくりあげています。
 一日のうちのほんの数分だけでも、意識を自分の外に向けてみる。美しいものを感じとるために、目や耳を澄ましてみる。日常の辛さや苦しさに呑まれそうになっている時ほど、心を自由に遊ばせてあげてください。遠出することだけが旅ではありませんから、動けない時は、身近な自然を感じながら、目の前にある喜びを見つけ、心の旅を楽しんでみましょう。「ちいさなしあわせさがし」日課になさってみてくださいね。


カウンセラー・スピリチュアルケアアドバイザー 志 村 友 理
前
みんなの声
カテゴリートップ
第111号(2019年8月)
次
Special Interview 寒河江市社会福祉協議会 介護福祉課 ホームヘルパー 加藤 絵美 さん