From宮城 [寄稿]塩竈市浦戸諸島寒風沢 復興支援活動
 山形県環境保全協議会は県内の企業約200社が加入している協議会です。
 東日本大震災を機に、当協議会としても何か協力できないか検討を始め、平成23年9月に会員企業の従業員とその家族、約60名が参加し塩竈市内と浦戸諸島桂島2ヶ所に分かれ、海岸の瓦礫の撤去や民家の泥出しなどの活動を行いました。
 翌年からは、ボランティアの手が足りていない同じ浦戸諸島寒風沢(さぶさわ)で活動を始め今回で9回目の活動になります。

 今年度は6月22日(土)に参加者34名で活動を行いました。震災当初は、民家の泥だしなどの作業が中心でしたが、この島は一人暮らしのお年寄りが多いことから、近年は交流をメインとした活動を行っております。今回は民家の窓拭き、除草作業、昼食会、寒風沢散策や、島の方との交流を通じて震災当時のお話などもお聞きしました。参加者は毎回参加される方、これまで機会がなく初めて参加される方など様々です。参加者からも継続的に活動を行うことが大事だと声をいただき、来年も活動していきたいと思います。



【お問合せ】
山形県環境保全協議会事務局
(特定非営利活動法人  環境ネットやまがた内)
山形市上桜田3-2-37
TEL:023-679-3340 FAX:023-679-3389
http://www.eny.jp/hozenkyo/default.htm



 
前
From山形  薬膳体験
カテゴリートップ
第110号(2019年7月)
次
【コラム】ならさんのしあわせ引き寄せ整理術(5)