From山形  [寄稿]でん六工場見学と蔵王連峰を楽しむ会
 6月28日(金)、天童市社会福祉協議会主催の交流旅行「でん六工場見学と蔵王連峰を楽しむ会」を開催しました。前日の大雨で、天候には皆さん心配したようですが、当日は雨が止み、曇り空の天候でも「日頃の行いが良いからだね~」と満足しながら市の福祉バスに乗り込みました。

 まずはでん六蔵王の森工場見学です。「山形県に避難してきた当時、でん六工場が山形にあることに感動したのよ。見学が楽しみ。」との声も聞かれました。ロビーに入り「でんちゃん」と一緒に記念撮影し、はく製かと思うくらい巧妙な、木彫りの上山市の鳥「小鷺」に感動しました。広大で自然豊かな工場では、蔵王のふんだんな天然水を利用した製造工程や安心安全への取り組みを学び、更なる「でん六」の良さを発見しました。

 次に上山市で今話題の「マクロビオティック」をベースとした食事をいただきました。古民家のお店には昔懐かしい置物が多数あり、懐かしさに会話が弾みました。旬の野菜の素材の味を生かした、体に優しい食事をいただき、飲み物一つ一つまでも素材へのこだわりが伝わり、皆さん大満足の様子でした。

 本来ならば、次は蔵王お釜見学の予定でしたが、天気予報はあいにくの濃霧注意報のため、予定を変更し蔵王ペンション村へと向かいました。「連れて行ってくれるならば、どこでも良いよ。」と大自然の中の草花を楽しみ「ぐっと山形」でお買い物をして帰路につきました。「なかなか出かけられないので、旅行を楽しみにしている。今回も楽しかった。また秋も楽しみにしているね。」と今回の交流旅行も楽しい一日となりました。



【お問合せ】
天童市社会福祉協議会
TEL:023-654-5156


 
前
第110号 PDFカラー版ダウンロード
カテゴリートップ
第110号(2019年7月)
次
From山形  薬膳体験