3・11 を忘れないメッセージ
2019年3月11日に山形市文翔館で、「キャンドルナイト 追悼復興への祈り」が行われました。来場していただいた方からのメッセージをご紹介します。(一部掲載)

もう8年…それでもあの日は一生忘れません。今こうやって平和に過ごせることに感謝します。
(山形市・女性)

みんなが穏やかな、平和な幸せな生活が送れますように心からお祈りします!
(山形市・女性)

津波がこない米沢では、地震が来ても津波の心配はしませんが、実際にきているところの写真を見ると恐怖に感じ、これを後世に伝えていきたいと思いました。(米沢市・男性)

みんなが一緒になり希望をもって頑張って下さい。(長井市・男性)

Looking at the images & the books,it’s hard to imagine the suffering and emotions.
At the same time,all the support and aid received gives hope to stronger communities and new beginnings.がんばろう!!
(山形市・女性)

当時は高3だったので、時の流れは早いなあと思う。今は社会人として復興に役立てる事があればやっていきたい。(山形市・男性)

たくさんの事を学ばせていただきました。平和な日常を大事に生きています。(山辺町・女性)

写真を見て、日々不自由なく生活を過ごしている私の幸福を深く感じます。(山形市・女性)

全てが変わった3.11。1歩ずつ前に進んで乗り越えていきたい。被災者としてこれからも前を向いて進もうと決意します。(山形市・女性)

みんなが元気で健康で事故のない一日にしてほしい(山形市・男性)

だ8年なのかもう8年なのか、うけとる人はそれぞれいるけど日本中でがんばろう!!(山形市・男性)
前
Special Interview 山形市 Hair with Water 美容師 岡崎 真未 さん
カテゴリートップ
第108号(2019年5月)
次
ひとやすみレシピ ゆべし