From山形 [寄稿]古代の丘 魅力発見の旅をしてきました☆

 長井市社会福祉協議会では毎月1回定期交流会を開催しています。
 4月25日(木)、今年度初めての交流会を行い、長井市草岡にある古代の丘周辺を散策してきました。縄文時代の竪穴式住居跡や暦機能がある4本柱を見学した後、古代の丘資料館に行きました。館内のタイムトンネルを通ると古代にタイムスリップ。館長さんより市内の古墳から出土されている土器等についてお話をお聞きし、皆さん、古代の人々の生活の知恵に感心していたようです。

 次は強化プラスチックで拡大・復元された土偶がある土偶広場へ。広場周辺の満開の桜に見とれながら広場を過ぎると、中里堤沿いにある山肌に可愛いかたくりの花の群生を見つけました。さらに奥に歩くと今度はきれいな水芭蕉が。皆さんからは「すばらしい!見られてよかった。」「こんな所があるんだね」と言っておられました。最後に、樹齢1200年の大明神桜に会いに行きました。満開のきれいな桜と1200年の樹木の尊さに皆さん感動なさっている様子でした。
 当日は曇り時々小雨でしたが、参加者の皆さんと古代へタイムスリップし、自然の魅力を沢山発見できた交流会となりました。(長井市社会福祉協議会)



【お問合せ】
長井市社会福祉協議会
TEL:0238-87-1822(直通)
TEL:0238-88-3711
 
前
From山形  第1回避難者サロン「まほろば」置賜さくら回廊めぐり~お花見交流会~
カテゴリートップ
第108号(2019年5月)
次
おすすめ情報 BOOK 災害看護と心のケア 福島「なごみ」の挑戦