シアワセコラム78
 春、別れと出会いのシーズン。日頃から、言葉の扱い方の大切さをお伝えしていますが、この季節だからこそ伝えられる言葉があるように感じます。

 「大事な人に大事と伝える大切さはわかっているけれど、恥ずかしいし、相手に変に思われるんじゃないかと思う」と尻込みしてしまう方も多いようです。たしかに、いつもと違うと、びっくりしてしまうかもしれませんね。けれど、その驚きは決して不快なものではなく、嬉しい驚きのはず。

 私の講座では、言ってもらえると嬉しい言葉を書き出し、他の参加者の方に、優しく言ってもらうというワークをやることがあります。言われ慣れないことなので、はじめは恥ずかしそうにしていますが、終わった後は笑顔になり、嬉しかったとの感想を述べられます。誰しも、優しい声で優しい言葉をかけられることは嬉しいのです。

 この春、大切な人に愛ある言葉のプレゼント、してみてはいかがでしょう?



カウンセラー・スピリチュアルケアアドバイザー 志 村 友 理


 
前
みんなの声
カテゴリートップ
第106号(2019年3月)
次
Special Interview 山形市 東北芸術工科大学大学院地域デザイン研究領域 金 洸 志さん