From山形 心を整え自分らしい暮らしをつくる ~マインドフルネス~ のお話と相談会
心を整え自分らしい暮らしをつくる ~マインドフルネス~ のお話と相談会

 1月26日(土)、山形市男女共同参画センターファーラにて、「心を整え自分らしい暮らしをつくる~マインドフルネス~のお話と相談会」がここふく@やまがた相談心を整え自分らしい暮らしをつくる ~マインドフルネス~ のお話と相談会支援室主催で開催されました。今回は、にじ色キャンパス・Couleuve ?クルーヴ-代表の荒木三香氏を講師にお迎えし、マインドフルネスの瞑想法を体験しながら、効果について学びました。マインドフルネスとは、心を〝今〟にむけている状態の事で、集中とリラックスが共存する瞬間の事です。瞑想法は、おだやかに流れる音楽の中で、目を閉じて深い呼吸をしながら雑念を取り去り「今、ここ」だけに集中できた時、はじめて脳が休息モードとなります。慣れてくると、長い時間出来るようになり、ストレス解消・集中力のアップなど、多くの効果が期待できます。
 参加者の方は、荒木先生の講座を聞いた後、ゆったりとした音楽が聞こえる中、気持ちを一点に集中させ瞑想の世界に入りました。終了後、「瞑想に入る前の鐘の音色が心地よく集中できた」「気持ちが前向きになった」などの感想が聞かれ、心身共にリラックスできる時間を過ごしました。

【お問合せ】
ここふく@やまがた相談支援室
TEL:023-674-0606


 
前
Workers 被災地に起つ (ワーカーズ 被災地にたつ)
カテゴリートップ
第105号(2019年2月)
次
From福島 寄稿:葛尾村(かつらおむら)への視察研修を行いました