Special Interview CPコスメティクス代理店VIVI チーフ 佐藤美佳さん
Special Interview

CPコスメティクス代理店

VIVI チーフ

寒河江市

佐藤 美佳  さん





 


Q 震災の時はどこで過ごしていましたか?

 震災の時は、福島市に住んでいました。子どもと一緒に外出している時に震災に遭い、みるみる屋根が崩れていく家や、人々が逃げまどっている混乱の中、必死に車を運転して自宅に戻りました。その後、原発の情報は聞いていましたが、どこに避難していいのかもわからずに日々過ごしていましたが、当時2歳と5歳の子どもたちは、外遊びや幼稚園にも行けず、親子3人で2011年10月に寒河江市に避難する事を決めました。

Special InterviewQ 避難してからはどのように過ごしていますか?

 当初は、身よりもなくゼロからのスタートで、福島ナンバーの車を見つけると、声をかけて同郷の方と交流をしていました。のちに、寒河江市のハートフルセンターに6年間勤務しました。職場の方はとても親切で大変助けられました。 山形県は空気も美味しいし、綺麗な雪や、美味しい食べ物がたくさんあります。何より、子どもたちが外遊びを出来る事が一番嬉しかったです。毎日仕事が終わると子ども達と外遊びをしました。こちらに来てから2人の子ども達は、バスケや空手を習うようになり、いろんな経験をして強くなりました。毎日、たくましく成長した子ども達を見ていると嬉しくなります。

Q エステティシャンになったきっかけは何ですか?

 人の肌に触れて癒せる仕事をしたいと以前から思っていました。周りの方々にも何か恩返しをしたいと思っていた時に、オーナーからお話をいただき今年の5月から「CPコスメティクス代理店 VIVI」に勤務しました。勤務の半年前から勉強をさせてもらっていたので、エステの資格とヨガのインストラクターの資格も取得しました。
 
Special Interview

Q 今後はどのような事をしていきたいですか?

 元々ヨガが好きで、顔の筋肉を使った顔ヨガを自己流でやっていました。この経験を活かし、山形県初の顔ヨガ教室を開くのが夢です。地域の方が気軽に参加でき、おしゃべりができる場も作りたいと思っています。毎日充実していますが、寒河江市に知り合いがあまりおらず、まだまだ軌道に乗るためには時間がかかるので、日々頑張っていきます。
 現在、両親は栃木県に住んでいます。避難を機に家族がばらばらになってしまったので、親孝行をしたいと思います。

避難者へのメッセージ

 ご主人が福島県に仕事で通っている方もいます。みなさん一緒にがんばっていきましょう。そして、忙しい毎日の中、たまには自分にご褒美をあげてください。諦めてしまったシワやたるみ、ほうれい線、ニキビ肌の方や、来て下さった方を必ず綺麗にする自信があります。少しでもほっとできる自分だけの時間のお手伝いができたら嬉しいです。
Special Interview

【CPコスメティクス代理店 VIVI本店】
エステに使用する化粧品を購入いただければ、毎回2,000円でエステができます。
お試し体験2,000円もありますので、お気軽にお問合せ下さい。
住所:寒河江市高田2丁目8-5
TEL& FAX 0237-86-5121

【VIVIグループ鶴岡支店
    VIVI水沢サロン】
住所:鶴岡市みずほ28-3
TEL:0235-35-2424 

 
前
シアワセコラム74
カテゴリートップ
第102号(2018年11月)
次
平成30年度避難者アンケート調査の結果について