みんなで湯ったりさくらんぼ狩り交流会
みんなで湯ったりさくらんぼ狩り交流会

 6月23日(土)に、寒河江市内のさくらんぼ園にてNPO法人やまがた絆の架け橋ネットワーク主催の「みんなで湯ったりさくらんぼ狩り交流会」が開催されました。
 当日は避難世帯・帰還世帯など15組50名が集まり、真っ赤に実ったさくらんぼ狩りを楽しみました。この日は佐藤錦の出荷最盛期と重なり、枝いっぱいに実みんなで湯ったりさくらんぼ狩り交流会るさくらんぼに歓声があがりました。「こっちの木が甘くておいしいよ!」「高いところの方がおいしいなぁ」など、園内を駆け回りながら味見をしたり、高い枝を目指して肩車をしたり、山形の初夏の味に舌鼓を打ちました。
 また、園内に1本の「月山錦」も味見させていただき、黄色いさくらんぼが実る枝の下には長い列ができました。「初めて食べた!」「月山錦、甘―い!」などの声があがり、大切そうに最後まで残しておく子もいました。

 福島市へ帰還した参加者からは、「山形で生活していた友人とも久しぶりに再会できた。子どもたちにとっても山形は思い出の地。帰ってから思い出すことは、みなさんに親切にしていただいたことや楽しかったことが多い。自分もリフレッシュできた。」との声が寄せられました。
 さくらんぼ狩りの後は、昼食交流会を行いました。テーブルに並んだ芋煮や漬物など、山形の郷土料理に「しょうゆ味の芋煮は子どもにとっても思い出の味。自分で作る芋煮も今ではしょうゆ味が定番か震災支援 天童高原バーベキュー交流会も」など、第二のふるさとの味を楽しみ、近況を語り合いながら思い思いの時間を楽しみました。



みんなで湯ったりさくらんぼ狩り交流会
前
第98号 PDFカラー版ダウンロード
カテゴリートップ
第98号(2018年7月)
次
From山形:ラベンダースティック作り