コラム:しあわせココロのつくりかた(69)

 最近、いい笑顔で過ごせていますか?
 誰だって、疲れている時は、イライラしやすくなり、言葉が荒くなってしまうことがあるものです。疲れが高じてくると、人の話を冷静に聴く耳さえ持てなくなってしまいます。そんな時は、誰かを責めやすくなってしまう時期。周りの人も辛いですが、実は、自分自身の心が一番つらい状態に陥っているのです。「私、疲れているかも…」そう感じたら、一度立ち止まって、今の自分に必要な休養を与えてあげてください。それは、ほっと温まる美味しい珈琲の一杯をゆっくり味わうことだったり、美しい絵画を見ることだったり、ゆったり温泉に浸かることかもしれません。
 それでも心が軽くならない時は、苛立つ自分を責めるのではく、優しい言葉をいっぱいかけてあげてほしいのです。頑張っているからこそ疲れてしまった自分を、労い、優しく包んであ
げてください。

カウンセラー・スピリチュアルケアアドバイザー 志 村 友 理
前
みんなの声
カテゴリートップ
第97号(2018年6月)
次
Special Interview:長井市 株式会社鈴木酒造店 長井蔵 鈴木荘司 さん