インタビュー ~ともにあゆむ~ 山形県復興・避難者支援室
山形県復興・避難者支援室

山形県復興・避難者支援室さん
 
 山形県は、東日本大震災発生後すぐ、山形県広域支援対策本部避難者支援班として支援活動を始め、24年度から復興支援室、現在は復興・避難者支援室として、8名で避難されている方々の支援の業務を行っています。
 主な業務は、民間借上げ住宅提供、相談対応、避難者支援に係る企画など。皆様の困っていることなどをお聞きし必要な施策を考えるためのアンケート調査も毎年行っています。
 25年8月には行政、関係機関、NPO・ボランティア団体等で「やまがた避難者支援協働ネットワーク」(当室は事務局)を組織し、様々な支援活動を行う団体が連携・協働してイベントなどを行っています。今年度の事業としては、1つ目は、住まいや法律、子育て等の相談ができる「今後の暮らし相談会」。6月と11月に山形市と米沢市で開催しました。2つ目は、「東日本大震災追悼・復興祈念キャンドルナイト」。今年も 3月11日(日)、文翔館で開催予定です。
本県では、今も、約2,200人が避難生活を送っており、避難生活の長期化で皆さんの抱える課題もそれぞれ変わってきていると思いますが、これからも避難者の方々が安心して生活できるよう、お気持ちや実状に添った取組みを進めてまいります。

【お問合せ】
危機管理・くらし安心局危機管理課復興・避難者支援室
〒990-8570 山形市松波二丁目8-1
TEL:023-630-3100
FAX:023-625-1625
E-mail:lifeline1@pref.yamagata.jp
 
前
ひとやすみレシピ:赤飯
カテゴリートップ
第93号(2018年2月)
次
編集部だより