コラム:しあわせココロのつくりかた(62)
 得たものと失ったもの、どちらに目が向きやすいタイプですか?与えられていることに目が向く人は、感謝の心を育みやすいので、人からも、幸運からも愛されやすい存在になります。

 一方、失ったものにばかり目がいくと、与えられていることに気付きにくくなり、幸せを感じることが少なくなってしまうのです。

 心を閉じて「どうせ私なんか…」と思ってしまうことこそが不幸せを呼び込む呪い。そう、実は呪いとは、自分の思考の癖により、自分自身にかけてしまっているマイナスの暗示なのです。

 苦しみを生み出す思考の癖を一つずつ手放し、失ったものよりも与えられているものに目を向けて、感動する心、感謝する心を育みながら、明るい未来を自らの手で引き寄せていきましょう。


カウンセラー・スピリチュアルケアアドバイザー 志 村 友 理
カウンセリング・ルーム メール相談
ryokusuinomori@yahoo.co.jp




 
前
みんなの声
カテゴリートップ
第90号(2017年11月)
次
Special Interview:和牛繁殖農家 川西町 横田 健一 さん