Special Interview:サロン『ゆるり~と』 代表 小国町 佐藤 妙子 さん
内閣府認定 NPO法人日本ヒーリングケア協会 認定セラピスト
サロン『ゆるり~と』 代表

小国町 佐藤 妙子 さん 
Special Interview


Q 震災の時はどこで過ごしていましたか?

  郡山市出身で、結婚を機に福島市に移りました。震災の時は、一人でアパートにいる時に地震に遭いました。原発事故後は色んな不安な話が飛び交い、空気や水も、食べ物も信じられなくなり、鬱っぽい気持ちになりました。関東に避難した友人が嫌がらせを受けた話を聞いてショックを受け、その頃は何を見ても悲しくて、まるで色彩を失ったグレーな世界に住んでいるようでした。その頃「笑わなくなったね」と友人に言われた事を覚えています。
 ある日、小国町の森林セラピーに行った時に、豊かな自然に癒され、疲れもとれ、「こういう所に住みたい」と思い始めました。避難先を探し始めると、南陽市に明るい部屋が見つかり、すぐに避難を決めました。避難して一番良かった事は、思い切り深呼吸が出来るようになったこと、洗濯物が普通に干せること。普通の事ができるのが、こんなにも幸せだと感じ、グレーだった世界に光がさした気がしました。南陽市では地域や職場の方々に親切にしてもらい、本当に心地良く楽しかったです。南陽市には2年住みましたが、今は夫の転勤で小国町に住んでいます。


Q  ハワイの伝統的な、心と身体を癒すボディケア「ロミロミ」を始めたきっかけは?

Special Interview   友人の紹介でロミロミを受けた時、とても気持ちよくて、それまで閉じていた自分の心も身体も、重荷がとれたように軽くなりました。「私もこんな風に人を癒せたらいいな」と話したら、「そういう気持ちがあるなら大丈夫」と背中を押され、やってみることにしました。
ロミロミの講座では技術だけでなく、心と体が繋がっている事を学びました。人生で色んな思いや経験をした事が全て私の宝物になる。色んな方の気持ちを少しでも共感し、寄り添っていけたら。と今はそのように前向きに考えられるようになりました。


Q  ロミロミをやってみてどうですか?
 Special Interview
  個人サロンは、日常生活で緊張した心と身体を芯からゆるっと癒して元気になって欲しいという思いで『ゆるり~と』とつけました。ロミロミをした後は、みんなスッキリした顔で「ありがとう」と言ってくれるので、私もとても幸せな気持ちになります。避難していなかったら、普通の主婦をしていたと思います。一つの事から色んな輪が広がり色んな人と出会えて、避難して180度人生が変わりました。そういう経験をさせてもらえる事がとてもありがたいです。
 
 
避難者の方へのメッセージ

  自分が元気だからこそ、他の人にも優しくできるようになると思います。だからこそ自分を認め、大切にしていきたいです。皆さん一生懸命、子育てや、仕事をされています。たまには自分にご褒美をあげてください。身体と心を緩めて、少しでもほっとできる時間のお手伝いが出来たら嬉しいです。

<メニュー>
読者のみの特別価格です。「うぇるかむ」
見ました!と教えてください。

≪ロミロミ≫
【120分】12,700円→10,000円
【90分】9,700円→7,500円
【60分】6,700円→5,000円
≪催眠セラピー90分≫
15,000円→7,500円



【お問合せ】
サロン『ゆるり~と』
営業日:火・木・金 10:00~17:00(予約制)
※月・水は施設ボランティア
住所:山形県西置賜郡小国町(来店の際にお伝えします)
TEL:080-5229-6861
メール:shaco-evi-dori-1004-tetu-tae(a)ezweb.ne.jp
※(a)を@に直してください。


 
前
コラム:しあわせココロのつくりかた(58)
カテゴリートップ
第86号(2017年7月)
次
インタビュー ~ともにあゆむ~ 全国有機農法連絡会・株式会社 安心工房 米山正さん・宏子さん