団体紹介:「葉っぱ塾」保養施設『胡桃閑荘(くるみかんそう)』
いわて内陸避難者支援センター
 
ネイチャースクール活動を行っている「葉っぱ塾」では、福島の子どもたちのための保養活動を2012年から行ってきました。昨年から更に15坪の小さな家を整備して、被災地の方や、山形に避難をしている方など、保養希望の方にご利用頂ける様にしました。
山形県南部の観光にも利便が良く、自然が豊富な場所です。日常の喧騒から離れて、夏休みや週末のリフレッシュに、家族又はお友達とゆっくり過ごしたい方におすすめです。ぜひご利用ください。

『胡桃閑荘(くるみかんそう)』利用のご案内
■所在地:山形県長井市中道2-16-40
■利用人数:大人2名、子ども3名ぐらいまで(寝具は5人分あり)
■利用協力金:1泊~3泊 大人1,000円、子ども500円(1泊あたり)
4泊~9泊 大人 800円、子ども400円(1泊あたり)
■間取り・設備:8畳2間(洋室1、和室1)、バス、キッチン、洋式トイレ
■備品:台所用品、食器、炊飯器、冷蔵庫、エアコン(洋室のみ)
■周辺の環境:500m以内に、コンビニ、スーパー、コインランドリー、郵便局あり
車で10分程度に「はぎの湯」(温泉)あり
ベランダ和室

☆ご利用状況は下記カレンダーよりご覧ください。
[利用状況カレンダー]
http://freecalend.com/open/mem40766

[お問い合わせ]
【お問合せ・お申し込み】電話またはメールで、ご希望の日程をお知らせください。空き状況を確認の上、滞在期間を決定し、こちらとしての到着希望日時をお知らせします。
葉っぱ塾 代表 八木文明 電話:090-5230-8819 メール:happa-fy@dewa.or.jp

 
前
レシピ:ベニバナ寒天 ~美肌に良い女性の味方、紅花で彩り鮮やかに~
カテゴリートップ
第85号(2017年6月)
次
おすすめ情報