From山形:3・11を忘れない メッセージ

2017年3月11日、東日本大震災から6年を迎え、追悼と復興を願った式典・キャンドルナイトが山形市文翔館前広場で行なわれました。来場していただいた方からのメッセージをご紹介します。(一部掲載)
 
早くも6年が経ったんだなあ。みんなの気持ちが、前に向かっていい方向に行くように願っています。
(新庄市・男性)
悲しみの涙が流れない、笑顔があふれる世界になりますように。未来はあかるい!!
(山形市・女性)
3・11を忘れないことが今の私にできる一番のことです。素敵な未来へつながりますように。
(新庄市・女性)
もう6年、まだ6年の気持ちです。でも、いつまでも忘れません。
(新庄市・女性)
息子が3才になり、少しずつ伝えていきたいと思いイベントに参加しました。次の世代へ必ず伝えていかないといけない事だと思います。(山形市・女性)
1日も早く元の美しい福島に戻りますように!!早く帰れますように!!
(山形市・女性)
みんなでがんばろう1!
(中山町・女性)
宮城・岩手・福島の皆さん復興を祈っています。
がんばれ東北!
(山形市・男性)
心が休まる日が早く訪れますように祈っています。
(東根市・女性)
みんなの素敵な笑顔を取り戻せるように… (高畠町・女性)
震災で家族をなくされた方、被災された方、辛い思いをされた方の為にも復興が早く進みますように。震災から学んだ事、命の大切さを次の世代につなげていきたいです。
(山形市・女性)
あの時出会った名前も知らない皆さんが、しあわせでありますようにねがう。
みんな震災を乗り越えてきた同じ人間。被災地の人をあたたかい心で支えてあげよう。
(天童市・女性)
 
前
第83号 PDFカラー版ダウンロード
カテゴリートップ
第83号(2017年4月)
次
From山形:ARTS MEET OKITAMA 2017